ホーム » 「デメリット」タグがついた投稿

タグアーカイブ: デメリット

脱毛を行う前に知っておきたい脱毛をするメリットとデメリット

夏になると薄着をする機会も増えますが、その際にムダ毛や毛穴の目立ちを気にする方は少なくありません。綺麗な肌を手に入れたいとなると、頭に浮かんでくるのは脱毛という言葉かと思います。
脱毛すれば綺麗になるとサロンやクリニックに走る前に、脱毛をするメリットとデメリットについて把握しておきましょう。
始めに、脱毛のメリットについて挙げていきます。ムダ毛が無くなり、お手入れが楽になるのはもちろんのことですが、実はこのお手入れが肝なのです。
自分でムダ毛を処理する方法は、カミソリや電動シェーバー、除毛クリーム、毛抜きなど多々上げることができますが、これらは皆多かれ少なかれ肌にダメージを与えています。
特に良く耳にする埋没毛は、毛抜きが原因の一つとして数えられてもいるのです。埋没毛は皮膚の下に毛が潜り込んでいるので、目視できても剃ることはできません。
無理に皮を破って毛を出したとしても、その分肌には負荷がかかるので、ターンオーバーで自然と角質として皮が落ちるまで待つしかないのです。また、カミソリ負けした肌は炎症を起こしやすくなり、毛穴が赤く腫れるなどの肌トラブルにも成り得ます。

脱毛を行えば、以上のような自己処理によるデメリットを最低限にまで減らすこともできるでしょう。しかし、何事にも別の側面があることは事実です。
脱毛のデメリットは施術の際の痛みもそうなのですが、生活習慣にも気を配らなければいけないこともあります。脱毛前の予防接種を始めとした薬の摂取は、副作用が生じてしまう恐れもあるので避けるように言及されています。
同時に日焼けなどをしてしまうと、肌に色素沈着が起こってしまうので施術を断られてしまうこともあるのです。
また、眉を始めとした顔の脱毛やVIOのVラインの脱毛では形を整えたりすることができる利点はあるものの、逆に後々の変更が難しくなると指摘されていました。
脱毛とはつまり、毛根に刺激を与えることで効果が表れるのですが、言い換えればそれは毛が生えにくくなることと同義です。今後眉毛の形を変えたくなったとしても、毛が生えにくくなってしまう可能性があることには留意しておきましょう。
以上が脱毛のメリットとデメリットになります。肌のことを考えれば、脱毛して自己処理を極力減せば肌トラブルも避けられるので、是非行いたいところです。
しかし眉毛の形のように、取り返しがつきにくくなってしまうこともあり得ますので、脱毛する際にはメリットとデメリットをしっかり踏まえた上で決断してください。

案外分かりにくい?エステ脱毛の月額制の仕組みとデメリット

エステ脱毛の料金の支払い方にいくつか種類があるのをご存知でしょうか。分割制の他に、定期的に払う月額制も用意されています。
月額のように決められた額を定期的に払う方が楽という意見もありますが、実は脱毛エステの場合では一概にそうとも言いきれない側面があるのです。今回は、月額制の仕組みとデメリットについて書いていきます。
最近の脱毛エステでは月額制を導入しているところが増え始め、比較的安い値段で契約することができるのです。従来の分割制ですと、時にはローンを組んだりする必要があり、そのための審査などすべきことが多くあります。
しかし月額制を選択した場合、やむを得ない理由で脱毛を中断することになったとしても違約金が発生しないので、初めて脱毛を行う人には良いかもしれません。
とは言え、月額制ゆえのデメリットも当然存在します。月額制ということは、月に支払う金額は一定で変化がありません。
言い換えれば、その月にエステサロンに行かなかったとしても支払いが発生してしまうのです。同時に回数性に比べると、予約とキャンセルもし辛くなってしまうのです。
月額を支払っているのだから、月に1回はサロンに行きたいところでしょう。しかし、急な予定が入ってしまった場合、その月の中で変更できれば良いのですが、できなかった場合は1ヶ月分の支払いを余分に出してしまったということになります。

また月額制のプランになると、全身を何回かに分けて光を照射する方法がとられているサロンが多いのです。つまり、全身を1回照射したことにするには、数ヶ月かけて部分照射をしなければならないということになります。
回数制の全身脱毛を踏まえると、悪戯に時間をかけすぎているようにも思えてしまいます。月に通うことができないかもしれない場合や、複数回に分けて照射される脱毛方法を考慮すると、月額制は余分にお金を支払ってしまうことにもなりかねないのです。
さらに、通い続ける限り支払いは発生するので、月額制を利用するのであればコンスタントにサロンに通える方に向いているでしょう。
ここまでデメリットを書いてきましたが、当然メリットも存在します。先述したように月額制には途中で止めた際の違約金は発生しません。
お試しとして契約するには十分可能な金額ですし、サロンに少し通って様子を見たい方にはぴったりなのです。月額制のデメリットも考慮した上で、適した支払方法を選んでください。